AGENCY WORKER

出向と人材派遣の違い

人材派遣と出向は大きく異なります。
例えば、繁忙期にドライバー不足で困っている場合、
以下のように企業の負担が異なります。
人材派遣で人材を募る場合
人材派遣の場合は、本人の労務費と募集費等の管理費、更には派遣会社の利益等が含まれてきますので、労務費と比較したとき、高額になります。
A社
人材の提供
賃金プラス派遣会社手数料
例:本人賃金25万円×1.7=42.5万円を派遣会社へ
支払わなくてはならない
人材派遣会社
募集費
管理費
派遣会社の利益
高額の負担!
当協会の出向支援の場合
出向契約締結したとき出向におけるわずかな手数料や金銭的な益であっても、事業行為は全て労働者供給事業となり労働基準法第6条(中間搾取の禁止)に違反します。従って、出向者本人の労務費以上の出向費用は請求することができません。
A社(出向先)
人材の提供
賃金プラス協会手数料(1名月額1万円)
例:本人賃金25万円と当協会へ1名月額1万円のみを
支払うだけでOK
物流出向
支援協会
B社(出向元)
閑散期で余剰が発生した場合は社員を出向させることができます。
C社(出向先)
人材の提供
賃金が支払われる
例:本人賃金25万円と当協会へ1名月額1万円のみを
支払うだけでOK
物流出向
支援協会
D社(出向元)
負担が軽減!
さらに…
閑散期に社員を
出向させることも!

2020年に施行された同一労働同一賃金の法改正が派遣料金をさらに引き上げる事となりました。
人材派遣費用と比較して出向が安価になるのはこういう理由からです。
出向は同業他社の現役で活躍しているドライバーが契約期間、戦力になってくれるわけですから高い安定感があります。

また、閑散期にはドライバーの給与・諸手当・時間外手当・交通費が出向先から全額入金されますので
出向元の給与負担はほとんど無くなります。

MEMBERSHIP

会員登録について

会員登録受付中

こちらのフォームから社員を出向させたい期間や出向社員を受けたい期間等、必要事項をご入力いただき送信ください。
後日、協会から受付完了のお知らせをメールいたしますので、その時点で会員登録完了となります。

御登録をいただきました会社様のマッチングを当協会で行い、出向される社員様を決めていただいたり、出向社員様の受け入れ準備を始めていただきます。
当協会より必要事項はすべてご案内いたします。